融資打診結果。銀行の融資姿勢はいかに!?【RC一棟物件】

先日融資打診していた物件について銀行さんからお返事がきました!

先週融資打診をしたとご報告しましたが、先日その結果がやっと来ました!

↓こちらを見てください

融資打診しました【RC一棟物件】
今年度に入りいくつか目線に合った物件は見つかるものの、現金買付が入り土俵にも上がれず・・・ということが続いていました。 だけど、ついにいい...

スポンサーリンク
rectangle1

結果はいかに!?

物件はこんな条件のものでした。


価格:5000万ぐらい

所在地:西日本

構造:RC

築年数:15年以内

表面利回り:9%程度


それに対して融資条件は・・・↓


融資額:4000万ぐらい

融資期間:30年(!!!)

金利:1%~2%の間(変動か固定かでかわる)


融資額での購入となると、1000万円の指値をするか、自己資金から出すことになりますが、このご時世まぁまぁな条件ではないかと思います。

さすがに1000万の自己資金は無理なので汗、500万ぐらいの指値で自己負担500万ぐらいで買付を入れてみました。

銀行の融資姿勢はいかに!?

今回は残存期間もかなり残っていたので、メガバンク2行(緑と青)に打診をお願いして、2行とも同じような条件でした。

融資厳しくなってるとは聞きますが、積算オーバーで残存期間が残っている物件に対してはまだまだ銀行さんも融資をしていく方針とお聞きしました。

もちろん、支店の方針とかもあると思いますが、特にメガバンクだと5000万の融資額であれば支店決済でOKの場合も多いと聞きます。

築古だと門前払いだと聞きます。わたしも高利回り築古(築30年ぐらい)の物件を青い銀行に持っていったら、古すぎると査定もしてくれませんでした。

ちなみに青い銀行さんは、物件の査定を外部に委託しているので結果が出るのに時間がかかります。特に遠方だと2~3週間かかることもありました。私の担当さんは不動産投資に慣れていて、外部の結果を待たずに、ざっくりとした方針は教えてくれます。銀行さんは担当者によって、融資への積極性やスピードはまちまちだと思うので、沢山融資打診して、関係構築していくのが大事ですね。

融資も大事だけど物件を抑えられなきゃ意味なし!

今回融資打診を行ってますが、並行して買付も入れています。一回目の買付は「融資特約付き」で。二回目は融資が出たので、融資額+αを特約なしで

特約なしは危険と思われる方も多いかと思いますが、融資打診結果が出た段階では、特約なしでもいいと思ってます。銀行さんも融資できないのに、わざわざ金額言ってこないですからね。

特約を無しにすれば、売り主さんへのアピールになりますし、自分を優先してくれる可能性が高くなります。融資が下りても買えなきゃ意味が無いのです。

今回の物件は私が一番手だったようですが、2~3番手の方がわたしより高い金額をつけて買付を入れてきました。なので、それらよりも高い金額での再度買付を入れましたが、どうなるんでしょうね?

絶対買いたい! 

様子を見ながら頑張ります!

以上、「融資打診結果。銀行の融資姿勢はいかに!?【RC一棟物件】」の記事でした!ご精読ありがとうございました♪

(written by にーちぇ)

スポンサーリンク
rectangle1

シェアする

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
rectangle1