たったの3つ!冬の光熱費節約のポイント

冬の光熱費って暖房代やガス代でかなり家計へのダメージ多くないですか? だけど、冬の光熱費は我慢すれば寒くてひもじい・・・適度な暖をとりつつ今から実践できる節約術をまとめていきます!

スポンサーリンク
rectangle1

効率よく部屋を暖める★

エアコンの使い方

私の家では、冬場のエアコンの設定温度は20~23度です。基本的には20度、我慢できないときは23度といった形で使い分けしています。

また、エアコンは部屋が温まるまでが一番電力を使うので、省エネモードにして、少しの外出ならつけっぱなしにしています。30分程度でしょうか。

さらに、暖房をつける際は風向きを下方向にします。なぜなら、暖かい空気は冷たい空気と比較し上に溜まりやすいからです。下方向に暖かい風を送り、部屋をまんべんなく暖めれればベストです。

また、定期的にフィルターの掃除をすることも忘れてはいけません。フィルターが埃っぽいと運転時に余計な労力がかかり、暖房も効きにくいですし、暖房代もかかります。しっかり掃除しましょう。

ヒーターは局所で活用

エアコンと併用しているのが、ヒーターです。エアコンだけでは足元が温まりませんよね。

そんな時に「すぐ」暖めてくれるのがヒーターです。エアコンでお部屋が温まったら、OFFにして、無駄な消費を防いでいます。

ガス式の床暖房がある人は床暖房一筋で!

実はガス式の床暖房はエアコンよりも効率よく部屋を暖め、かつ光熱費も安く収まると言われています。

うちも実家には床暖房がありましたが、床暖房って直接肌に触れる部分が暖かいので、エアコンよりも部屋が暖かくなったように感じます。

また、床暖房のメリットはエアコンと違って空気が乾燥しないこと。加湿器なんていりません。実際、実家では冬の間はほとんどエアコンを使用せず、床暖房のみで乗り切ってました。

こちらのサイトにも、床暖房がいかに効率的か記載があります。

Q.床暖房を12時間だけつけた場合のガス代は4,000円ほど。では、24時間床暖房つけっぱなしにした場合のガス代はいくらだと思いますか?本当に床

暖めた空気は逃がさない★

カーテンの長さに注意

みなさんのお家のカーテンの長さはきちんと窓のサイズに合っていますか?きちんと窓全体が覆われているものにしないと、冷たい外気で冷えた窓から冷気が侵入し、せっかくの暖かいお部屋が台無しです。

窓を覆う長さのものにして、かつ保温効果があるものがベストです。カーテン一つで結構違います。

遮熱シートを活用する

長さが適正なカーテンと、遮熱シートがあれば冷気をほぼ完全にシャットアウトすることができます。

全ての窓に貼るのは大変なので、ベッドの近くの窓やリビングの窓といった形で、普段滞在することが多い部屋の窓を中心に導入しましょう。

スポンサーリンク
 

エアコン利用時には保湿を

人間は、湿度が15%UPすると、体感温度が1度上がるそうです。体感温度が1度上がれば、その分エアコンの設定温度を下げることができ、節約につながります。

特にエアコンを利用するとそれだけで、湿度が奪われていくのでしっかりと加湿することを心がけてください。

身の回りもあったか装備で★

お部屋の中も厚着する

少しケチくさいですが、本当に切り詰めなければならない場合、部屋の中でもダウンを着るといった方法があります笑

そこまでいかなくても、カーデガンを羽織ったり、ひざ掛け、ブランケットをソファに置いとく等の工夫をすれば、案外暖房を使わなくても平気だったりします。

節約を頑張っている友人は、エアコンは一切使わず、部屋の中でユニクロのウルトラライトダウンを着ていると言っていました。本気で取り組みたかったら、ありかもしれません笑

被服費自体の節約をされたい方はこちらの記事もご参考にしてください!

我慢せずに洋服代を節約するポイントまとめ
女子で一番お金がかかりがちなのが、被服費、そうお洋服代です。この部分だけは我慢してしまうと、生活の充実感がなくなってしまい、モチベーションが下がってしまうことに繋がることが多いような気がしています。そこで我慢せずに、被服費を節約する方法をまとめてみました!

いかがでしたか?お金を貯めるには、少しでも支出を抑えることがまず大事です!ぜひ取り組んでみてください♪

以上、「たったの3つ!冬の光熱費節約のポイント」の記事でした!

ご精読ありがとうございました♪

(Written by にーちぇ)

スポンサーリンク
rectangle1

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

あわせて読みたい!



スポンサーリンク
rectangle1