共働き夫婦の家計落とし穴!?最適な管理方法とは?

共働きの皆様はどういった家計管理をされていますか? 収入的には余裕に見える共働き家庭ですが、意外な落とし穴があったんです!

スポンサーリンク
rectangle1

共働き夫婦のあるあるお財布3パターン

夫婦のお財布事情は分類すると大きくこの3パターンに分けられると思います。

お互いの生活費をそれぞれ拠出する

一番よくあるケースだと思います。

たとえば、夫婦それぞれ生活費として15万円共通口座に拠出し、生活費もろもろはそこから出す。拠出外の手残りは全額自分のお小遣いや貯蓄にまわす。

夫婦の収入によって差をつけている家計もあるかもしれません。夫15万、妻10万とか。

イメージ化するとこんな感じでしょうか。

メリット・デメリット

このパターンにおけるメリデメはこんな感じです。

メリット

・夫婦間の不公平感が少ない

・支出部分の管理が容易

デメリット

・それぞれが拠出しない部分がブラックボックス化

・妻が出産等で給与が著しく減ったとき対応必要

よく聞くのが、お小遣い部分はお互いが信頼しきってしまい、ふたを開けてみるとほとんど貯蓄ができてなかったという例。

共通財布で一定のマネジメントは可能ですが、やや不安が残る管理方法です。

全てまとめて共通財布に拠出する

一番コントロールがきくのはこの方法です。でもストレス大です。

夫婦それぞれの収入はいったん共通財布に入れ、そこから生活費、貯蓄、お小遣いを決まった額決めていく方法。

メリット・デメリット

このパターンにおけるメリデメはこんな感じです。

メリット

・家計コントロールが一番効き、ブラックボックスがない

・貯蓄目標も達成しやすい

デメリット

・自由になるお金が少なく、ストレスフルになる場合も

・そもそもの管理自体が煩雑

貯蓄という面においては、この管理方法が一番だと思います。一方で、お小遣い額等をきちんと納得的に合意できていないと、お互いにとってストレスになってしまうかもしれません。

財布独立型パターン

財布は一つにまとめたりせず、家賃は夫、食費は妻といった形で生活費をそれぞれの財布から出しているケース。夫婦それぞれが一定の収入があり、DINKS家計に多いイメージです。

貯蓄は相手がやってるはず・・・と思い込み、蓋を開けるとお互いやってなかった!となりがちなパターン。一番ストレスはたまりにくいですが、貯蓄も一向にできないかもしれません。

メリット・デメリット

このパターンにおけるメリデメはこんな感じです。

メリット

・自由に使えるお金が多くストレスレス

デメリット

・そもそも管理していない?

にーちぇとしては、一番おススメできない管理方法です。

友人に夫婦それぞれ年収1000万、世帯年収2000万でこども無しのスーパーDINKSがいますが、貯蓄は全然・・・ていう方がいます。この夫婦の家計管理がまさにこのパターン。かなり危険です。

夫婦それぞれの管理方法を構築すべし!

いきなり家計管理方法を変えるのは難しいです。長続きもしません。夫婦それぞれに合った方法を模索することをおすすめします。

にーちぇ家でも、いろいろな方法を試してきました。上記のパターンは全部やってきました。読者の皆様のご参考もかねて、うちの家計管理方法をご紹介します!

うちの場合

うちの場合は、こんな感じ。

・夫が収入の全額を共通お財布に拠出

・妻(にーちぇ)の収入の半分は利率の高い社内預金に入れ、残額を共通財布へ

・共通のお財布から生活費は拠出し、余ったお金は貯蓄へ

・お小遣いは決まった額は設定せず、その都度相談

なぜこの形に行きついたかというと、まず私の会社には利率のいい社内預金があること。社内預金は基本給与からの引き去りなので、途中でお金を入れることはできません。でもフル活用したいということで、利用枠のマックスを自分の給与から入れています。

社内預金についてはこちらから↓

メリットだらけ!社内預金を活用すべき理由
社内預金制度って沢山メリットがあるのをご存知ですか? 会社勤めされている方で、制度があるにも関わらず利用していない方、もったいない! 社内預金制度の仕組み、メリット、デメリット、制度が無い方の代替案を考えてみました!

この社内預金は基本的には引き出さない前提の貯蓄です。

給与の大半を社内預金に入れてしまっているので、夫婦それぞれ決まった額を拠出する方法だと私が苦しくなります。そこで夫の収入は全額共通お財布に入れ、その中でやりくりすることにしました。

イメージ図では私も共通財布に余りを拠出していますが、実際の生活費負担は全て夫です。生活費から余った額は全て貯蓄に回しています。

お小遣いですが、決まった額は設定していません。これはそもそもお互い浪費家ではまったくないことに起因しています。お互い使わないなら、わざわざ額決めなくても使わないよねと。

なにか個別で欲しいものがあれば、その都度相談という形にしています。(5000円以上のお買い物のときのみ)

この方法で、月平均15万以上貯蓄することが出来ています。

貯蓄したければ、ブラックボックスを無くせ!

貯金がしたいのであれば、そうするしかありません。本当に貯めたいのであればです。

おススメなのは、まずは毎月の貯蓄額を決めるところから始めてはいかがでしょうか。

はじめから額を決めてしまえば、嫌でもその範囲内での生活を強いられます。メタボ家計にはこれしかありません!

ぜひ皆様、家族、夫婦に合った管理方法を見つけてみてください!

夫婦で家計管理の軸がきまったら、次は節約ですね!こちらの記事を参考に効率よく貯金しましょう

普通のOLが一年で100万円貯金する方法
みなさんは月々どのぐらい貯金できていますか? 普通のOLが経った一年で100万を貯めるにはどのようにしたらいいのでしょうか?まとめてみました!

以上、「共働き夫婦の家計落とし穴!?最適な管理方法とは?」の記事でした!ご精読ありがとうございました♪

(written by にーちぇ)

スポンサーリンク
rectangle1

シェアする

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
rectangle1