20代既婚家計の格付けはいかに?改善点が丸裸に。

自分の家計って格付けにしたら、どのぐらい安全なんだろう?

客観的な評価をしたい!と思い、少し古い日経の記事「わが家の家計を格付けチェック 弱点を探せ」という記事を参考に、調べてみました!

結果はなんと・・・?

スポンサーリンク
rectangle1

まずは家計データを入力!

日経の記事に行くと、簡単に記入できるシートが搭載されています。

記載した状況はこちら

7月の家計簿データで作ってみました。

にーちぇの7月収支はこちらの記事です!⇒【2017.7】20代既婚OL家計簿公開 ボーナス最高!

全て夫婦二人の合算。貯金額には、自信ありです!

にーちぇ
入社してから、無駄遣いせずコツコツ貯めてきたおかげ!

次に、記入したデータをもとに計算します。こちらも簡単に数字を当てはめるだけでできるシートがあります。こちら↓

計算して出てきた数字を使って、格付けを調べていきます♪

それぞれの数字を得点表に当てはめていくとこんな感じ。

75点でした。良いのか悪いのかわからない微妙な点数ですね汗

点数化される各項目は以下の通り。


  1. 家計安全度 20点
  2. 貯蓄パワー 15点
  3. スケールパワー 16点
  4. コストダウン努力 7点
  5. リスク耐久力 17点

点数を格付け表に照らし合わせると・・・

格付けは「A2」でした!ギリギリAもらえました。

ソブリン格付け(Moody’s)でいうと、A2はスロバキアやポーランドらしいです。よくわからない笑

ちなみに日本はA1です。日本ぐらいにはなりたいですね!

スポンサーリンク

弱点を分析してみた

レーダーチャートを見ると一目瞭然ですが、うちの強みは

  • ローンが無いこと
  • 資産が多いためリスク耐久性があること

です。

一方で弱みは

  • コストダウン努力

が足りていないこと!! この項目だけ異常に点数が低い・・・

確かに、子供無しの共働きだから、節約の意識は低めかもしれません。先取り貯金もできているし、収入から支出、先取り貯金を引いてもまだお金が残るから、よかったよかったってなってます。

携帯を格安スマホにするとか、光熱費を減らすための努力とか、たしかにあまりできていない・・・

差し迫った状況でなくても少しでも支出を減らす、という努力が必要なのかもしれません。

あと数年以内に子供も授かりたいと思っていますし、今から節約意識を高めなければと再認識しました汗

もっと支出を減らせば、貯金スピードも上がると思うので、支出部分の抜本的な見直しをやろうと思います!

にーちぇ
普段からのずぼら会計のツケです!しっかり見直すぞー!

まとめ

このツール、非常によくできてるなーと感じました。自分の家計状況を数値化して客観的に評価してくれる。

毎月やってもあまり結果は変わらないと思うので、年1ぐらいのタイミングで実施するのが良いと思いました。

あと、これを使って住宅ローンいくらぐらいなら、家計が安全ゾーンなのか?という試算とかもできそうですね。

この結果がすべてではないですが、参考にはできると思います。

目標はAa3になること! そのためには+8点が必要ですが、コストダウン努力の点数UPだけで+8はしんどいので、ほかの項目もしっかり頑張る必要があります。

3年以内に達成できるように頑張ります!

にーちぇ
一年後にまた格付けやってみようかなー♪

以上、「20代既婚家計の格付けはいかに?改善点が丸裸に。」の記事でした!ご精読ありがとうございました♪

(Written by にーちぇ)

スポンサーリンク
rectangle1

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

あわせて読みたい!



スポンサーリンク
rectangle1