メリットだらけ。夫婦で「お金」について話し合いしていますか?

皆さんは、夫婦できちんと「お金」の話されていますか?

「ケンカが増えそうだから切り出せない・・」

「具体的にどんな話をすればいいのかわからない・・」

と、さまざまな要因から、お金の話し合いができていない夫婦が多いようです。

確かに、「お金」の話となると、がめついと思われそうだし、お小遣いの使い方で夫婦喧嘩になってしまいそうなイメージはあります。

しかし、お金についてしっかり話し合っておくことで、将来について考えたり、貯金ができるようになったり、逆に夫婦喧嘩が減ったりと、良いことだらけなんです!

本日は、我が家で実践する「お金」に関する家族会議で何を話しているのか、どのようなメリットがあったのかをご紹介します!

スポンサーリンク
rectangle1

月に一回はしよう!夫婦でお金についての話し合い

我が家では、最低月に1回程度、夫婦で話し合う時間を作っています。

この話し合いの時間を、私たちは「家族会議」と呼んでいます。

月の最初の日曜日の午前中に時間を取り、お互い話したい事、共有しておきたい事を相談しています。

トピックとしては、お金に関わるものが大半ですが、仕事のこと、将来のこと、実家のこと、なんでも必要があれば、話すようにしています。

例えば、1月の家族会議の内容はこんな感じでした。


①2017年にできた貯金額について

②2018年の貯金目標

③お互いの仕事について(今年度は忙しくなりそう・・・等々)

④2018年にやりたいこと(プログラミング、不動産買いたい!等々)

⑤1月のイベント(飲み会予定、冠婚葬祭、等々)

⑥ロボット掃除機の導入


見返してみると、多岐にわたる内容でいろいろ話をしています。

所要時間は一時間程度。

ノートを取るわけでもなく、スマホにメモをしながら、ソファに座ってゴロゴロしながら話し合いました笑

形式なんて、どうでもいいのです。

とにかく、夫婦としての現状を把握して共有して、言いたいことがあれば、言う、そういった時間が大切です。

私は、1月の家族会議を経て、夫の仕事が忙しくなりそうだから、自分はセーブしようとか考えることができましたし、目標を共有することでお互いを応援できますし、さぼってたら勉強は?と監視することもできます。

夫婦は、パートナーで優劣が無いからこそ、ぜひ話し合いの場を設けて頂きたいですね。

お金の話し合いで取り上げるトピックとは

夫婦で「お金」について話し合う際に、ぜひ意識してほしいのが「長期的視点」と「短期的視点」です。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

短期的な視点のお金の話

これについてはすでに実践されている方も多いのではないでしょうか。

例えば、月どのぐらい収入があって、どのぐらい支出して、いくら貯金できたか。

月ごとの収支を分析したり、報告したりするのは、短期的な視点のお金の話になります。

他にも、お小遣い交渉や、家具・家電の買い替えなど、直近発生するお金の動きに関しては、短期的なお金の話に入ります。

短期的なお金の話は、固定費を見直したり、細かい支出を減らしたりする「節約」に役立ちます。

我が家では、マネーフォワードで夫婦共通のアカウントを作成し、お互いいつでも夫婦の家計簿にアクセスできるようにしています。

支払いもカード中心にしてしまえば、マネーフォワードが情報を取り込んでくれるので、ノートにまとめなくても、すぐに話し合える環境を作れます。

このように、話し合い自体のハードルを下げる取組みは大事ですね。

長期的な視点のお金の話

長期的な話となると、実践できている夫婦は少ないかもしれません。

例えば、

「子どもが2年後には欲しいから養育費を300万円貯めておこう。」

「将来、こんな事業で起業したい!そのために1000万円貯めたい!」

「5年後夢のマイホームがあるから、子育てとの両立は大変だけど頑張って続けよう」

など。

夫婦で将来のライフイベントについて話し合い、それに沿ったお金の計画を立てること。

漠然と、●年後に子供欲しいなーと考えている方は多いと思いますが、●年後に子供が欲しいから、○○円貯めよう、とここまで考えている家庭は少ないでしょう。

我が家では、家族の将来年表を作っています。

●年後に第一子、●年後に第二子・・・などなど。もちろん、すべてが計画どおりには行かないと思いますが、計画を立てて準備しておくことが大事なのです。

このように、長期的な視点で話し合いを行うと、夫婦間で家族ビジョンの共有もできますし、その時期間もお互いに理解できます。

お金の話をするうえで、短期的な家計簿だけでなく、もっと先の視点の話し合いも実践してみてください。

スポンサーリンク

お金の話し合いをすることのメリット

我が家では、お金の話し合いをするようになってから、こんなにメリットがありました!

夫婦喧嘩が減った!

一番はこれです。

これまで、自分や夫が勝手に欲しいものを購入し、ケンカになってしまうことが多々ありました。

話し合いの時間を持つことで、お互い欲しいものは事前に申告するクセがつき、このようにケンカすることは無くなりました。

勝手に買ってしまうのではなく、事前に相談しておくことで、結果として買っているのに、こうも結果が違うんだなーとびっくりしたのを覚えています笑

また、お金の話とはあまり関係ないですが、話し合いの場で、今月は忙しくなりだとか、飲み会が多そうといったことを事前に伝えておくことで、予定のバッティングも無くなり、旅行などの予定も立てやすくなりました。

将来について真剣に考えることができた!

次にメリットして挙げたいのが、将来について考えるきっかけとなったこと。

お金の話し合いをしていると、おのずと来年はどうなるだろう、再来年はどうなるだろうと考えるようになります。

子ども欲しいけど、いくらぐらい必要なのか、マイホームはいつ?セミリタイアするにはいくら必要か?

仕事と子育てのタイミングは?転職はしなくていい? などなど。

お金だけではなく、将来のライフイベントプランについて考える機会は、あまりないのでこういった話し合いの時間を持つことは大切です。

貯金できた!

お金について話し合うことで、自然と節約意識を持つことができました。

毎月家計簿を見直すので、どこが悪いのか、どこに支出が多すぎるのかすぐにわかるようになります。

また、お互いの支出をチェックすることになるので、おのずと無駄遣いも減ります。

意識することなく、家計簿がスリムになっていきました。

我が家では、昨年は年間500万円程度貯金することができましたが、この話し合いを続けてきていることも、一因だと考えています。

まとめ

如何でしたか?

お金について話し合いといっても、仰々しく設定する必要はまったくありません。

我が家では、ソファでごろごろしながらやっていますし、どんな形でもOKです。

時間も夫婦が必要だと思うだけ話し合えば良いだけなので、決める必要もありません。

しっかり夫婦でお互いの将来のこと、お金のこと、ライフプランについて話し合ってはいかがでしょうか。

以上、「メリットだらけ。夫婦で「お金」について話し合いしていますか?」の記事でした!ご精読ありがとうございました♪

参考 年間500万貯めた方法とは?!

共働き新婚家計、1年の貯金額は500万円!貯金法とは?
共働きだと、お給料は世帯で見ると増えますが、ついつい気が緩んで無駄な浪費をしがち。 でも、子どもがいないからこそ、今のうちにお金は貯めとき...

参考 共働き夫婦の最適な家計管理方法とは?

共働き夫婦の家計落とし穴!?最適な管理方法とは?
共働きの皆様はどういった家計管理をされていますか? 収入的には余裕に見える共働き家庭ですが、意外な落とし穴があったんです!

(Written by にーちぇ)

スポンサーリンク
rectangle1

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

あわせて読みたい!



スポンサーリンク
rectangle1