2018年スタートの積立NISA。現行制度との違いとは?

2018年1月より積立NISAが始まります。これまでのNISAとどこが違うのか、どっちを利用すべきなのか、制度が始まる前に整理しました。

スポンサーリンク
rectangle1

積立NISAとは?現行NISAと徹底比較!

NISA(少額投資非課税制度)については、よくご存じの方が多いと思います。いわゆる「非課税口座」と呼ばれるもので、NISA口座内での一定額の投資による利益に対する課税は無しになります。

積立NISAとは、NISAをより長期的に運用できるようにしたもの。

簡単に比較表を作成してみました。

 積立NISANISA
投資期間20年5年(ロールオーバーは可能)
非課税枠40万円(1年)120万円(1年)
投資可能商品

投信、ETFのみ

(毎月分配でないものに限る)

株、投信、ETF等

(信用取引以外は対外OK)

積立NISAは年額40万までの投資、つまり月々3万4000円ぐらいの投資ができるようになります。一方で現行NISAは120万までと金額は多いですが、現行NISAのデメリットである運用期間の短さが際立ってますね。

また、投資できる商品は積立NISAには大幅な制限があります。長期運用を目的としているので、当たり前のことかもしれません。一方で現行NISAは基本的には上場株等自由に売買ができ、自由度が高い印象です。

長期運用の積立NISA、自由度の高い短期勝負の現行NISAという印象を受けます。

積立NISAで買える商品は?

まだ正式な決定はされていませんが、大枠は下記のような商品のみに投資できるようです。


ファンドの償還期間は無期限か20年以上

毎月分配型は除く(年1とかはOK)

購入時手数料:公募株式投資信託は無料(ノーロード)、ETFは1.25%以下

信託報酬:公募株式投資信託は1.5%以下、ETFは0.25%以下


これはなかなか厳しいソートですが、長期運用するにあたっての重要ポイントは含まれています。

以前、投資信託の選び方で紹介した、私が商品を選ぶ基準は上記を網羅しています。(詳しい基準は下記の記事へ)

初心者必見!投資信託の賢い選び方。たった3つのポイントとは
投資初心者から玄人投資家まで様々な方が利用している「投資信託」。 初心者が、初めての投資信託で痛い目を見ないための選び方を徹底解説します。 ...

この基準でファンドを探すとかなり少ないです。

手数料をゼロにしたり信託報酬を低くしたりと条件を厳しくしたため、対象は投信全体の1%以下の50本前後になりそうだ。

日経新聞

50本! かなり選ばれているファンドということになりそうです。それほど、長期的な運用を通じた国民の投資活動を国としても応援したいんですね。

スポンサーリンク
 
 

積立NISAを取り組んだほうが良い人とは

個人差はありますが、特に若い方は積極的にやっていった方がよいと思います。

積立NISAは年額40万×投資期間20年でトータル800万円分の投資が非課税になる制度です。20年も先となれば、50代以上の方々はその長期運用のメリットを最大限に享受できません。

若いうちにスタートし、非課税枠を効率的に使い切れるのは若者だけです。また、20年という期間さえあれば、金融危機のような時期があっても、回復していく余地もあります。

私は、積立NISAの報道があってから、現行NISAへの投資はストップしています。一年単位でどちらのNISAを使用するのか選択しなければなりませんし、そもそも現行NISAは2023年までの期間限定制度です。

5年間じゃ、短すぎて相場がどうなっているのかわかりませんし、はやく積立NISAやりたいです♪

まとめ

積立NISAは現行のNISAの5年間縛りをなくし、もっといろんな人に投資を知ってもらえる「投資に対するハードル」を下げてくれる制度です。

制度が始まったら、絶対使用したいと思っています。積立NISAで購入したい投信も実は決まってます笑(まだ国としての基準が決まり切っていないので、購入可能商品なのかわかりませんが汗)

長期運用こそ投資成功のポイントなので、早くスタートしてほしいですね♪

以上、「2018年スタートの積立NISA。現行制度との違いとは?」の記事でした!ご精読ありがとうございました♪

(Written by にーちぇ)

スポンサーリンク
rectangle1

シェアする

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
rectangle1