無料で日経新聞が読める!お得な裏技をご紹介

投資をする方の必需品「日経新聞」ですが、結構お高いですよね・・・ なんと無料で読めてしまう方法があるんです!

スポンサーリンク
rectangle1

普通に日経新聞を契約すると

日経電子版は月々4200円。一年あたり50400円。年額にするとかなり多いですね・・・

ちなみに宅配だと、月々3670円一年あたり44040円。一般的には朝刊だけなので、電子版よりはお安くなっていますが、それでもちょっと高いですね。

日経新聞なんてたぶん、新聞が読めなくなるまで毎日読むのに一年5万円近くしたらトータルではかなりの出費です。普通に100万単位でふっとびますね。

もっとお得に読む方法はないのかと探したところ、「日経テレコン21」なるものを発見!さっそく調べてみました。

日経テレコン21とは?

主に企業向けに日経新聞が提供している、Web上で過去の記事を簡単に検索したり読めたりするサービス。直接契約すると8000円程度かかるので、法人向けのサービスでしょうね。

この日経テレコン21と証券会社が契約していて、証券会社の口座を持っている個人が、証券会社を通じて、このサービスを利用できるそうなんです!

証券会社に口座を開くのなんて無料が基本ですし、多少手間はありますが日経新聞が読めるのであれば、新規開設の価値ありだと思いました!

スポンサーリンク
 

日経が無料で読める証券会社はここ!

現在日経テレコン21を顧客に無料提供している証券会社は3社になります。


丸三証券

楽天証券

大和証券


わりと大手なので、既に口座をお持ちの方も多いかもしれません。

私はメイン口座がSBIなので、いずれも開設しておらず・・・ 

そこで、楽天証券であれば、楽ラップも気になるし、いろんなファンズを扱ってそうという単純な理由と、楽天銀行は口座を持っているので手続きが楽そうだったので、楽天証券の口座を開いてみることにしました!

もちろん無料です!

楽天証券には、こんなページも。

楽天証券では、日本経済新聞デジタルメディア社が提供するビジネスデータベースサービス「日経テレコン(楽天証券版)」を無料でご利用いただけます。

実際に口座をオープンして日経テレコンを使ってみたレビューもいつかまとめる予定です。

無料といえば、こんなサービスもあります♪

無料でノートがもらえるサービス「自習ノート」が話題
無料でノートがもらえるサービスがあったら絶対利用しますよね? そんな夢のような受験生大助かりのサービスをご紹介します♪

以上、「無料で日経新聞が読める!お得な裏技をご紹介」の記事でした!ご精読ありがとうございました♪

(Written by にーちぇ)

スポンサーリンク
rectangle1

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

あわせて読みたい!



スポンサーリンク
rectangle1