「投資が怖い」はもったいない!今からできる克服法

女性のみなさんは「投資」についてどういったイメージをお持ちでしょうか。「怖い」「ギャンブル」といったマイナスの感覚をお持ちの方が多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク
rectangle1

女性の4割は「投資」=「怖い」

こちらのサイトによる、「投資」に対する男女の意識差調査では、女性の投資に対する意識は下記の結果になっています。

1位 興味ない 41.9%

2位 怖いイメージがあるのでやりたくない 21.2%

3位 やってみたいが怖いイメージがある 16.7%

4位 やっていないが興味がある 15.3%

5位 実際に投資をしてお金を運用している 4.4%

6位 やっていたが失敗してやめてしまった 0.5%

「投資」に対する男女の意識差 女性「怖いからやりたくない」男性「興味はある」

4割はそもそも興味もなく、4割りは怖いイメージを持っており、投資に対するポジティブイメージを持っているのは全体の2割程度。

確かに、わたしは金融機関に勤めているため、投資は身近な存在ですが、私の周りで実際に投資をしている同僚はそこまで多くありません。

特に女性で投資をしている方は、ほとんどいません。

なぜ「怖い」と感じるのか。

一番の要因は、「損するリスク」があるからだと思います。

頑張って働いたお金が一瞬で無くなってしまう・・・ そんなイメージがあります。まるでギャンブルのように。

また、ネット上には株やFXで大損した人の話が、武勇伝のように出回っています。

他にも、

「投資なんて詐欺みたいなもの。うまい話なんて信じちゃだめ」

「コツコツ働いて得たお金こそ正義。投資で儲けるなんて邪道」

なんて意見もあるかもしれません。

確かに、私も2年ほど前まではそう思っていました。だけど、ちょっとした思考の転換で、投資の怖さを、投資できるぐらいには克服することができました。

投資はギャンブル(=投機)ではない

ギャンブルとは

ギャンブルのイメージ図を描いてみました。

掛け金は、ギャンブルの運営会社に抜かれ、その残金で掛け金を出し合った人たちの間で、運ありきで勝敗が決まります。

そもそも勝つ人が圧倒的に少なく、大半の人は損をしてしまう仕組みです。

こういった賭け事によって、一番稼いでいるのは運営している会社です。

こういうのを、経済学の用語では「マイナスサム・ゲーム」というそうです。

非常にわかりやすいです↓

マイナスサムゲームには、宝くじや競馬などが挙げられる。例えば、日本の宝くじの場合には、収益金の53.5%が公共事業や宝くじの印刷費、販売費などに使われ、残りの46.5%が当選金に充てられる。つまり、投資額1000円に対する期待値は、投資額を下回る465円であるため、宝くじはマイナスサムゲームといえる。

weblio

期待値がマイナスのギャンブルと「投資」はまったく性質が異なります。

投資とは

一方で、私の中の「投資」のイメージはこんな感じ。

例えば、どこかの会社に投資をしたとします。投資によってお金を得た会社は、そのお金の元に事業を拡大。

事業が拡大すれぼ、業績も伸び、株価も上昇、配当もでて、投資家全員がハッピー。

かなり楽観的なシナリオですが、これが投資の本質だと考えています。つまり、投資の利益は経済の成長が源泉ということです。

こういうのを経済学で「プラスサム・ゲーム」と呼ぶそうです。マイナスサム・ゲームの逆だと考えれば、わかりやすいですね。

預金は将来的にお金の価値を減らす

「預金なのにお金が減るって、どういうこと?」

と思われた方多いと思います。

現在、日本における「物価」は上昇傾向にあります。

例えば、100円で買えた缶ジュースが120円になる。同じ物なのに、20円の差があるのは、物価が上昇し(物の価値が高まり)お金の価値が下がったから。

このまま、現金という形でもっていたら、損してしまう可能性があるのです。

「投資」は今ある資産をいかに守るかということでも、あるのです。

スポンサーリンク

怖いからこそ、勉強して小額から始める

わたしも最初は非常に怖かったです。

でも、いろんな本を読んで勉強して、知識をつけていくうちに、ネット見かける大損している人は、明らかに許容外の膨大なお金をつぎ込んでいたり、そもそも短期での利益を求めて周りが見えなくなっている人だとわかりました。

それに、投資って、大きなお金が無くたってできるんです。

私が一番最初に実践した投資は、投資信託を積立で毎月5000円買うことでした。

月々5000円ならできる人も多いのではないでしょうか。

今も引き続き購入していますが、+5%で回っていて、本当に投資してよかったと心から思っています。

また、そもそも女性は投資に向いていると思っています。

下記記事でも書いていますが、過度なリスクを取らず、コツコツとしたスタイルは、多くの女性が持つ「強み」です。

女性のほうが男性より優れた投資家?!4つの資質とは
投資といえば、男性が中心のように思えますが、私たち女性投資家のほうが優れてる?!どういうこと?詳しく見ていきましょう。

今後とも、当ブログを通じて、多くの女性が投資に目覚めてくれればと思います!

以上、「「投資が怖い」はもったいない!今からできる克服法」の記事でした!ご精読ありがとうございました♪

(Written by にーちぇ)

スポンサーリンク
rectangle1

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
rectangle1