女性活躍を応援する投資商品とは?こんな時代にこそ推進したい

近年、企業の女性活躍取組みだったり、働き方改革取組みだったりと、いろいろ叫ばれていますが、東京医科大の入試における女子差別など、まだまだ全ての人にとっての働きやすいだったり、「平等」というのは、ほど遠いのかななんて感じたりしています。

いち投資家として、女性として、何ができるか考えたときに、面白い投資商品を見つけたのでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
rectangle1

女性活躍指数って?

ここ数年、ESG投資(環境・社会・ガバナンスを意識している企業に対して投資する手法)が非常に活発化しています。

その一環で「女性活躍指数」なるものも出てきています。

女性活躍指数とは、「女性が活躍する企業に投資する」銘柄で構成された指数のこと。

ここに投資すれば、女性活躍を応援できるということですね。

女性活躍企業のパフォーマンスは?

でも、投資するにあたって一番重要なのは、リターンが見込めるかということ。

いくら女性活躍を応援したくても、女性活躍する企業の業績が悪いのであれば、投資する意味合いは薄れてしまいます。

そこで、こんなものを発見しました。

この表は、MSCIという指数を作っている会社が開発した、「MSCI女性活躍指数」と「MSCI ジャパン IMI 500」を比較したチャートです。

「MSCI ジャパン IMI 500」とは、「MSCI ジャパン IMI」が日本のほぼ全ての上場企業をカバーにするのに対して、時価総額上位500社を選定した指数。日経平均株価のようなものとイメージください。
 
 

参照:MSCI 日本株女性活躍指数 (WIN) (JPY)

青色:「MSCI女性活躍指数」

黄色:「MSCI ジャパン IMI 500」

青色の女性活躍指数のほうが、パフォーマンスは良いことが示されています。

もちろん、女性活躍している企業は余裕のある企業だから、当たり前だ等、いろいろなご意見はあるかもしれないですし、女性活躍を推進が企業のパフォーマンスに直結することを証明するのは、難しいです。

しかし、こういった目に見える形で、パフォーマンスが良いと嬉しいですし、応援したくなりますね。

また、下記記事によると、女性に着目する投信が「爆騰」しているみたいですね!

こんな記事も発見しました>>“女性”投信が爆騰中 「これ以上の商品はなかなか出てこない」と絶賛の声も

GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が投資対象に選定

ちなみに、このMSCI女性活躍指数ですが、GPIFの投資対象として選定されています。

GPIFは、我々の国民年金を管理・運用している独立行政法人です。161兆円規模の資金を運用する日本で一番大きい機関投資家です。ここが、しっかり運用してくれないと、我々の将来貰える年金に影響があることになります。
 

GPIFは近年ESG投資に力を入れており、2017年にこの女性活躍指数と連動したETFを運用することを発表しています。

独立行政法人というと国のようなものなので、そこが女性活躍に注目して投資する、というのは、結構話題になったようです。

国民年金の運用は、「失敗が許されない」類だと思うのですが、そこにこの指数が選ばれているということは、女性活躍企業には未来があると、機関投資家は考えているといっても過言ではないでしょう。

スポンサーリンク

日本の女性活躍企業を応援できる商品

こういったテーマ型の商品は他にもあります。簡単に有名どころをご紹介します。

大和投資信託の「椿-女性活躍応援ファンド」

参照:大和投資信託

国内大手の大和が、2015年ぐらいから販売している商品です。

パッシブ運用ではなく、アクティブ運用の商品となります。

この商品の特徴は、

  • 女性活躍を推進する企業
  • 女性向けのサービスを提供する企業
  • 女性の社会進出をサポートする企業
  • 女性の所得が増加することにより恩恵を受ける企業

を投資対象として銘柄選別しています。

特に、最後の「女性の所得が増加することにより恩恵を受ける企業」というのは、面白いですね。

女性活躍を推進しすることで、女性の社会進出がさらに進み、その結果恩恵を受ける企業はあるわけで、そこに着目しています。

このファンドは、モーニングスターの実施する、ファンドオブザイヤー2017の優秀ファンド賞や、R&Iの実施する優秀ファンド賞2018に選ばれるなど、評価が高い商品となっています。

この商品について詳しい記事にまとめたものを、近日公開したいと思います。

野村アセマネの「日本株女性活躍ETF」

こちらは、上場投資信託つまりETFと呼ばれる商品になります。

ETFなので、購入手数料が安いパッシブ運用になりますね。

この商品は、先ほどご紹介したMSCI女性活躍指数と連動するETFとなっています。

この商品の銘柄選別方法は、「企業が公開する」女性活躍情報をもとに各銘柄を評価し、評価が高い企業を組み込んでいます。

調べてみると、従業員301人以上の企業は、女性活躍に関する目標だとか数値なんかを「公表する義務」があるそうで。(女性活躍推進法で制定)

この公表情報をもとに銘柄を選んだのが、この指数です。

ちなみに、企業の公表情報は、こちらの厚労省のHPにまとまっていました。

女子就活生とかこれ見て、企業選びとかしてるんでしょうか。客観的に数字で比較できちゃうので、転職したい人とか便利ですね。

まとめ

如何でしょうか。

日本では、女性活躍が叫ばれていますが、東京医科大での入試不正だったり、まだまだな現状があります。

私自身も、女性として自分が働く会社はまだまだ進んでいないと思いますし、もっと活躍したい女性を活かすことができれば、企業にとっても、経済にとってもメリットはあるのかなと。

そういった企業を、投資家として少しでも応援できたら、社会貢献にもなりますし、女性活躍を推進する社会を後押しすることができます。

また、パフォーマンスも結構よくて、純粋に投資対象としてもアリなんじゃないかと。

なので、もう少し勉強してこういったテーマ型商品にも挑戦してみたいなと思っています。

以上、「女性活躍を応援する投資商品とは?こんな時代にこそ推進したい」の記事でした!ご精読ありがとうございました♪

スポンサーリンク
rectangle1

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

あわせて読みたい!



スポンサーリンク
rectangle1