ふるさと納税による減税効果をらくらく確認する方法!

6月に入り、OLのみなさまは会社から「住民税特別徴収税額の決定通知書」をもらっている頃ではないでしょうか?ふるさと納税を、ワンストップ特例を使用し実施した方は必見です!

スポンサーリンク
rectangle1

昨年度はこんなにふるさと納税しました

 

ふるさと納税とは、地方自治体への「寄付」を行うことで、本当は自分が住んでいる自治体へ支払う予定だった住民税が控除されるというもの。(会社員の場合)

寄付した2000円を超える額が、税額控除の対象になります!(もちろん年収や家族構成によって上限はあります)

それだけではなく、各自治体ごとに寄付に対する御礼品を設けていることろが多く、これ目当てにふるさと納税している人がほとんどでしょう。

私の家では、肉・米メインにふるさと納税を去年初めて行いました。

具体的な納税先は下記に記載があるので、見てみてくださいね。

去年(2016年度)のふるさと納税先を記録しとく
みなさんは昨年度のふるさと納税どこでされましたか?今年分の納税先検討のための材料として、まとめておきたいと思います。

去年は私しかしていませんが、都城のお肉が冷凍庫に入りきらないぐらい届き、2か月ぐらいは豚肉を買わずに生活できました笑

2000円の自己負担でこんだけお肉や米がもらえたら、生活費の足しになって、非常にありがたいですよね!

しかも、ワンストップ特例制度ができたおかげで、サラリーマンはかつて確定申告をしなければならなかったふるさと納税も、5つの自治体に対する納税であり、事前に必要書類を各自治体に送付しておけば、確定申告が不要になりました。

確かにふるさと納税する度に、自治体にマイナンバーや身分証明書を送付する手間はありますが、確定申告するよりかは、だいぶ楽だと思います。

で、このふるさと納税ですが、御礼品をもらってうれしい!だけで終わってしまってはいけません!

もともとの目的は、住民税の控除です! しっかり控除されているのが確認できて初めて、成功したといえるでしょう。

そして、この確認方法が、「住民税特別徴収税額の決定通知書」を見ることなんです!

ふるさと納税がちゃんと節税できてるか確認しよう

「住民税特別徴収税額の決定通知書」は会社勤めの人であれば6月ごろに会社からもらえるはずです。

これは、毎月源泉徴収される(給与から差っ引かれる)住民税の額がいくらですよと通知するもの。

住民税は去年の年収だとかをベースに算出されるので、昨年度のふるさと納税がきちんとできていたのかを、このタイミングで確認することができます。

昨年度初めてふるさと納税した人で、年収等があまり変わっていな人は、住民税額が変わっているはずです。わたしもこのタイプなので、ずっとこの通知書がくるのを待ってました!

↓これがその紙。

いろいろ消させてもらってますが、それは去年の年収がばれちゃうから (/ω\) ハジカシー

緑の枠で囲ったとこに、ちゃんと「寄附金税額控除額」の文字が!!!

わたしは東京都民なので、区民税と都民税でわかれているんですね。県民の方だと、市町村税と都道府県税にわかれてるんですかね。

この二つを合算すると、寄付した額-2000円になってました!!! わーい

うちの自治体は、備考欄に書いてありましたが、書いていないところもあるようです。

その場合は、下記の写真の青い枠で囲った部分を見てみてください。「税額控除額」という項目。

ここに、寄附金控除額が含まれた数字が載っているそうです。ただし、他の控除制度を利用している人は、もろもろの控除が合算された数字になっています。

ここにふるさと納税による控除額(納税額ー2000円)が含まれていることを確認してくださいね。

最後に、5月の住民税と6月の住民税を給与明細を見て比べます。6月分の住民税が安くなっていませんか???(昨年初めてふるさと納税した人は減ってるはず!)

ふるさと納税の節税効果は、払う税金が減る形なのでわかりにくいですが、こんな形でチェックすることができます!

ふるさと納税、挑戦してみては?

スポンサーリンク

ふるさと納税は、高所得者優遇だとか自治体の返礼品が過熱しているなど、いろいろ言われていますが、国が認めている節税方法なので積極的に利用すべき!

OLさんとかだと、年収低いからあまり意味ない・・・と思っている人も多いかと思いますが、意外と沢山寄付できるんです!


例えば、独身OLさんの場合・・・

年収寄付上限額※
200万1.5万円
300万2.8万円
400万4.2万円
500万6.2万円
600万7.8万円

※自己負担2000円でできる上限(上限を超えると自己負担が増える)。あくまで参考値なので、ご参考程度に・・・


かなりできますよね!! 自分がいくらまで寄付できるかは、しっかり把握したほうが良いです!!

自分の上限額を超えて寄付してしまうと、節税のメリットが薄れてしまいます(泣)

「でもお金の計算って難しそう・・・」

「楽に上限ってわからないの??」

そんなOLさんには、私もお世話になっている「さとふる」がおすすめです。

自分の年収などをささっと入力するだけで、簡単に自分の上限を知ることができます

私は念のため、「さとふる」のシミュレーションから算出された上限額-5000円程度を上限として寄付するようにしています!

いろんな自治体の特産品が掲載されているので、眺めてるだけでかなり楽しいです(笑)

「さとふる」公式サイトはこちらからどうぞ↓

ぜひ試してみてくださいね! 

以上、「ふるさと納税による節税効果をらくらく確認する方法!」の記事でした!ご精読ありがとうございました♪

(Written by にーちぇ)

スポンサーリンク
rectangle1

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

あわせて読みたい!



スポンサーリンク
rectangle1