投資アプリ「クロエ」で簡単ロボアド体験してみた

フィンテックが身近になりつつある中、アプリで簡単に投資ができるようになりました!アプリ投資の先駆けであるエイト証券の「クロエ」に挑戦してみました。

「クロエ」については、下記記事にて説明しています。今回の記事は、この記事の後半編です!

アプリで資産運用!ロボアドバイザー「クロエ」とは?
今話題のロボアドバイザーがアプリで簡単に使えると聞き、早速エイト証券がローンチした「クロエ」に登録してみました!

スポンサーリンク
rectangle1

登録してみた!後編

前回、目標設定までしましたが、ここからが結構長かったです笑

エイト証券に口座開設

目標設定後は、エイト証券に口座を作らなければなりません。アプリの案内に沿って住所等を記入していきます。

記入後数日経つと、エイト証券から本人確認書類の提出やマイナンバーカードの提出を求められるので、それを提出。エイト証券の確認が取れたら、無事口座開設完了となります。

ここまでで多分一週間ぐらいかかりました。

投資用口座に入金

次に、まだ空っぽのエイト証券口座にお金を入金しなければなりません。クロエを利用する場合、下記のクロエ専用口座に入金する必要があります。


三井住友銀行

三菱東京UFJ銀行

みずほ銀行

ジャパンネット銀行

楽天銀行


お金の送金時は手数料がかかるので、なるべく同じ銀行や手数料が無料の範囲内で入金できればベストです。

エイト証券では、2017年7月までは、エイト証券負担で入金できるそうなので、まだの方は急いで!笑

私は、楽天銀行を使ってクロエ口座に入金しました。

スポンサーリンク
 

やっと買付された!

入金後、ゴールデンウィークを挟んでしまったため、実際の買付は4月8日に行われました。タイミングを見て買い付けたい人にはあまり良くないシステムかもしれません。いわゆる、即時反映とかではないので。

実際買付すると、毎日15時ごろに時価評価がアップデートされる仕組みのようです。

今日の結果はこんな感じです。

市場を見てみるとかなり上昇傾向だったので、まずは一万円から入れてみました。

今は10015円なので15円プラスになっています。

ポートフォリオなんかも見れます。

内訳はこんな感じです。

JREIT1011円
国内株式628円
先進国株式3150円
米国債券1885円
新興国株式2529円
新興国債権812円

アメリカ株式や、新興国株式に投資しているのがわかります。(ETF経由で)

全てこういったアロケーションになるわけではなく、私は「積極型」を選択しているので、こういった割合になっています。

クロエはサポート体制も充実

今回口座開設や入金を通じて一番に思ったのが、意外とサポート体制があつかったこと。

わからないことがあれば、アプリ内でのメッセンジャー機能でも質問できるし、サポートにメールすることも可能。

チャットみたいにできるので、なんでも聞けます!

また、入金関係でわからないことがあった際も、電話まで頂き、非常に助かりました。お金に関わることなので、こういったサポートがあるのはポイントが高いです。

まとめ

まだ始めたばっかりで、ロボアドとしての能力は未知数ですが、一旦放置して様子を見てみようと思います!月一でパフォーマンスの報告ができればと思っています♪

投資とは違いますが、最近活用しているアプリはこれ。登録で300円ゲットできちゃうので、下記記事を見てみてください!

割り勘なのにクレジットのポイントを貯められる!便利アプリ「kyash」登場
個人間の送金をクレジットカード経由で可能にするアプリ「kyash」がリリースされました!グループでの割り勘等を容易にしてくれるサービスとして注目されています。

以上、「投資アプリ「クロエ」で簡単ロボアド体験してみた」の記事でした!ご精読ありがとうございました♪

(Written by にーちぇ)

スポンサーリンク
rectangle1

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

あわせて読みたい!



スポンサーリンク
rectangle1