お金が貯まる人と貯まらない人のたった3つの違いとは

無意識でもお金が貯まる人、そうでない人がいます。貯金ができている人の中には、特に意識せず、無理をしなくても貯まるという人も少なくありません。貯まる人と貯まらない人、何が違うのでしょうか?

スポンサーリンク
rectangle1

貯まらない人はこれができていない!

お金が貯まらない人は、貯まる人に比べ、出来ていないことがあります。

①収支を把握していない

一番この理由が多いように思います。

自分の家計の収支をわからないということは、何にどのぐらいお金を使っているのかも理解していないということ。

それがわからないということは、どの部分を節約すればいいのかもわかりません。

貯金がしたいのであれば、まず実態がどうなっているのかを理解することから始めましょう。

家計簿をつけるのがめんどくさいという方もいるかもしれません。私もめんどくさがりですが、マネーフォワードというスマホアプリで簡単に管理しています。

自動の家計簿アプリ「マネーフォワード」は、だれでも簡単に続けられる自動の家計簿です。お使いの銀行・クレジットカード・証券会社・FX・年金・ポイントの口座を自動でまとめ、家計簿を自動作成します。スマホでも使えて、資産管理機能も充実。

マネーフォワードであれば、現金で支払ったもの以外の手入力は必要ありません。クレジットカードや銀行口座と連携しておけば、自動的に管理してくれます。

細かに管理はしていませんが、これでおおよその家計簿管理は可能です。

②無意識な出費が多い

お金が貯まらない人は、コンビニ、カフェ、タクシーといったものへの出費が多いです。

コンビニでジュースを毎日買ったら、1か月で4500円です。一年だと5万4千円。かなり大きい出費ですよね。これを水筒に替えたら、おそらく出費は5分の1以下になると思います。

毎日出勤前にスタバに行く女子もいるかもしれません。スタバは最低でも500円はしますよね?自分のご褒美的に買うのはいいですが、毎日となると大きな出費です。習慣化してしまっているのが、問題だといえます。

最後にタクシー代。飲み会後についつい乗りたくなってしまいますよね。けれども一度乗ると数千円は一気に飛んでしまいます。

こういった出費は、必要だったりどうしてもというときは、全然してもいい出費だと思います。

しかしながら、「習慣化」してしまい、生活の一部と化してしまっていると家計的には大問題です。

スポンサーリンク
 

③貯金目標額がない

最後は、これです。目標がないと人間がんばれませんよね?貯金も一緒です。

貯金目標があれば、その目標に向かって月々いくら貯金していこうという、貯金額の目安がおのずとわかります。

毎月の貯金額には手を付けないように生活を切り詰めることができるのです。

数字的な目標を持つことで、モチベーションもアップし持続性が増します。

貯金したい方はまずは、「目標貯金額」を決めましょう。

具体的に一年で100万円貯めたい方は下記の記事も参考にしてください。

普通のOLが一年で100万円貯金する方法
みなさんは月々どのぐらい貯金できていますか? 普通のOLが経った一年で100万を貯めるにはどのようにしたらいいのでしょうか?まとめてみました!

以上、「お金が貯まる人と貯まらない人のたった3つの違いとは」「の記事でした!ご精読ありがとうございました♪

(Written by にーちぇ)

スポンサーリンク
rectangle1

シェアする

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
rectangle1