1万円以下でできる!初心者におすすめな少額投資3選

投資というと、10万円だったり50万円だったりと大きな金額が必要なイメージがありますよね。まとまったお金が必要だから、一歩踏み出せない!という方も多いと思います。

しかし、意外にも投資って少ない額から始められるんです!少額からスタートできて初心者におすすめの商品をご紹介します。

スポンサーリンク
rectangle1

おすすめは投資信託の積み立て

投資信託とは、多くの人から集めたお金をまとめて株式や債券を購入することで運用する商品。

例えば、トヨタ自動車の株式を自分で購入するとなると、一株6300円だとしても、一株単位で買えるというわけではありません。

株式には、購入単元があって、大抵の株は1単元=100株。つまり、100株からしか売買できないということ。

一株6,300円のトヨタ株は、100株買わないといけないので63万円もかかることに!

しかも、株式を買うということは、分散投資が自分では難しい。投資の基本はいろんな商品に分散することが大事ですが、一つの銘柄を買うのに50万円もかかっていたら、いくらお金があっても足りません。

そこで登場するのが、投資信託です。

投資信託は、沢山の投資家から多額の資金を集めます。集まった多額の資金を、いろんな株式や債券に分散投資することでリターンを得ます。

一人の投資家では、到底できない規模の分散投資を投資信託という商品が可能にしています。

積み立てなら、100円から可能

最近では、一口100円から買付ができる証券会社も増えています。

時間分散が図れる「ドルコスト平均法」が活用できるのは、積立投資ならでは

多くの証券会社では、積立投信といっても、毎月面倒な手続きをする必要もなく、一度設定してしまえば、あとは自動でやってくれます。

普段のお仕事が忙しい方でも、続けられる投資方法です。

「どの投資信託を買えばいいのかわからない!」

という方には、下記記事にて私なりの選び方を解説していますので、見てみてくださいね。

初心者必見!投資信託の賢い選び方。たった3つのポイントとは
投資初心者から玄人投資家まで様々な方が利用している「投資信託」。 初心者が、初めての投資信託で痛い目を見ないための選び方を徹底解説します。 ...

るいとう、ミニ株、単元未満株、で少額投資

これらは、全て株式に対する投資です。先ほど、株式投資には最低単元があるため購入金額が高く、初心者にはハードルが高いということをお伝えしました。

しかし、この株式投資のデメリットを解消したのが、下記3つの投資方法です。


◆るいとう(株式累積投資)

ある特定の銘柄を、毎月一定額ずつ購入していく方法。最低投資金額が1万円が多く、株価が1000円のときは10株、2000円のときは5株・・・と計算していきます。

購入した株数が最低単元(100株が多い)になると、株式の名義は自分に移る仕組み。つまり、単元未満の部分については、証券会社の名義になっています。

毎月一定額を購入していくので、「ドルコスト平均法」による時間分散をすることがメリットの一つです。

◆ミニ株

株を最低単元の10分の1で購入できる。(単元が100株の場合10株)

「配当金」ももらえるが、単元未満部分の株式の名義は証券会社。売買のタイミングは一日一回で、証券会社が扱っている銘柄のみを購入することができます。

一般的に、ミニ株と単元未満株とでは、単元未満株の方が手数料が安いと言われています。

◆単元未満株

最低売買単位である1単元に満たない株式のこと。企業の株式数にも端数があるので、単元に満たない端株とも呼ばれています。

1株から購入でき、株式の名義も自分。持っている株数に応じた「配当」を受け取ることができるのがメリットです。

一方で、普通の株式と異なり、好きなタイミング、価格で売買することはできず、一日2回のタイミングのみ。買いたい株価を指定できないので、想定より高い価格で購入してしまうリスクがあります。


分散投資がしやすいのがメリット

投資の基本はいろんなタイプの商品に投資する「分散」ですが、こういった手法を選択すれば株式投資でも少額で分散が可能になります。

また、ミニ株や単元未満株であれば、「配当」を受け取ることができます。

銘柄によっては、「株主優待」を受けることができるのも投資信託には無いメリットの一つです。

投資信託よりも、リスクを取ってリターンを高めたい、という方には、おすすめの投資法です。

スポンサーリンク
 

ソーシャルレンディングは一万円から可能

最近、話題のソーシャルレンディングですが、こちらも一万円から投資できる会社が多いです。

ソーシャルレンディングとは、お金を借りたい人と貸したい人(投資家)をネット上で繋ぐサービス。

お金を貸したい人が、借りたい人に利子をつけて貸してあげることで、リターンを得ることができます。

私も、今年からソーシャルレンディングを初めて約30万円程度投資しています。

私の体験記は下記記事にまとめていますので、見てみてください。

「ソーシャルレンディング」の記事一覧です。

リスクは高いが、投資先の選定をすれば問題なし

ソーシャルレンディングの利回りは5%~10%と非常に高利回りです。

リターンが高い=リスクが高いですが、商品の選び方さえ間違わなければ、元本が返ってこないというリスクはほとんど無いと思います。

詳しい商品の選び方は、下記記事で解説しています。

ソーシャルレンディングとは?そのリスクとメリットを徹底解説
最近ソーシャルレンディングと呼ばれる投資方法が話題になっています。その利回りはなんと5%~12%と言われています! ソーシャルレンディングのメリット・デメリットを考えてみました。

今後、どんどん市場規模が大きくなる市場だと思いますので、個人的には楽しみな投資先です。

 

初心者におすすめな少額投資法まとめ

わたしのおすすめは、

  • 投資信託
  • るいとう、ミニ株、単元未満株(株式投資)
  • ソーシャルレンディング

の3種類です。

リスク度合いは 投資信託<<株式投資<<ソーシャルレンディング だと思いますので、自分がどれだけリスクが取れるのか考えて、自分に合った投資法を選んでくださいね。

以上、「1万円以下でできる!初心者におすすめな少額投資3選」の記事でした!ご精読ありがとうございました♪

(Written by にーちぇ)

スポンサーリンク
rectangle1