初心者におすすめな投資信託は?バランス型1本で世界中に投資が可能に!

初心者におすすめな、一本保有するだけでいろんな国、アセットに投資ができる投資信託をご紹介します!

スポンサーリンク
rectangle1

まずは条件設定で商品をソート

一番最初は譲れない条件を

証券会社のHPまできたら、まずは商品一覧から条件を設定しましょう。「基本の条件」とは、はずれ商品を掴まされないための最低条件のことです。

詳しくは、こちらの記事で説明していますが、この条件のこと。どうしてこの条件なのかということにも触れていますので確認してくださいね。

初心者必見!投資信託の賢い選び方。たった3つのポイントとは
投資初心者から玄人投資家まで様々な方が利用している「投資信託」。 初心者が、初めての投資信託で痛い目を見ないための選び方を徹底解説します。 ...


・買付手数料:無料

・純資産額:50億以上

・償還まで:無期限

・特色:インデックス


基本的に、上記の条件は長期保有を目的とした投資をしたい場合のものです。もう少し、ハイリスク・ハイリターンな運用をしたい方は「特色」のインデックスを外してください。

アセットクラスや投資対象国を設定

次に、どういった資産(アセットクラス)に投資する商品なのかと、どの国やエリアに投資する商品なのかを選択します。

一本だけで十分アロケーションをしてくれる商品を選ぶには、下記条件にチェックを入れます。(今回はSBI証券のソートを見ながら作業しています。他行だと違う名称の可能性があります。)


ファンド分類:バランス

投資地域:グローバル


ファンド分類の「バランス」とは、株式、債券、REIT等の様々な資産にバランスよく投資をしていく商品のことです。

投資の基本は様々なアセットクラスの資産を保有することで、リスクの分散を図ることですが、バランス型ファンドは一本でそれができてしまうんです!

次に投資地域とは、そのままの意味ですがどの地域の株や債券に対しファンドが投資するかということ。

グローバルというのは、先進国、新興国両方に投資することを指します。商品にもよりますが、グローバルというと日本の株、債券も含む場合と含まない場合と2パターンあります。商品を絞り込んだ段階で必ずチェックしましょう。

上記2つの条件を設定するだけで、全世界の様々なアセットに投資するファンドを絞り込むことが可能です!

SBI証券で検索すると、おおよそ4商品まで絞り込むことができます。下記にて3商品のご紹介をします。

三井住友TAM-世界経済インデックスファンド

著名な「投資信託はこの9本から選びなさい」で選ばれたファンドで、非常に有名です。

資産構成

 
出典:三井住友TAM-世界経済インデックスファンド 目論見書

株式:

 海外:45%(うち新興国17.5%)

 国内:5%

債権:

 海外:45%(うち新興国17.5%)

 国内:5%

国内投資が全体の10%と少なめ新興国への投資が35%を占め、高くなっているのがポイント。最近の資産構成をみると、REITにも数パーセント投資しているようです。

特徴

純資産額

240億円

信託報酬

0.54%

標準偏差(3年)11.25

株式、債券に50%づつアロケーションを行っているところに特徴があります。また、新興国への投資が多く、そのため標準偏差が高め(ハイリスク・ハイリターン)となっているのがポイントですかね。

純資産額も多く、人気が高いのもうなずける商品です。

三井住友TAM-SBI資産設計オープン(資産成長型)スゴ6

資産構成

出典:三井住友TAM-SBI資産設計オープン(資産成長型)スゴ6 目論見書

株式:

 海外:20%  国内:20%

債権:

 海外:20%  国内:20%

REIT:

 海外:10%  国内:10%

国内投資が全体の40%と非常に高い。REITにも投資している。最近の資産構成を見てみると、先進国、新興国への投資割合は半々ぐらい。

特徴

純資産額250億円
信託報酬0.73%
標準偏差(3年)9.44

純資産額も大きく安定。標準偏差も「世界経済ファンド」よりかは低く、リスクは相対的に低め。残念なのは、本日紹介の3本のうち一番信託報酬が高くなっているところ。

スポンサーリンク
 

三菱UFJ国際-eMAXISバランス(8資産均等型)

資産構成

出典:三菱UFJ国際-eMAXISバランス(8資産均等型)目論見書

株:

 海外:25%(うち新興国12.5%)

 国内:12.5%

債権:

 海外:25%(うち新興国12.5%)

 国内:12.5%

REIT:

 海外:12.5%  国内:12.5%

スゴ6と同じような資産構成だけど、REIT比率が高め。国内投資は37.5%と三本の中では中間。

特徴

純資産額210億円
信託報酬0.54%
標準偏差(3年)9.78

リスクはスゴ6と同じぐらいだが、信託報酬が安くとどまっていて評価できる。REITへの投資を重視したい人にはお勧めの一本。

バランス型はめんどくさがりさんにおすすめ

こういったバランス型ファンドは、リバランス(アセットクラスの調整)がめんどくさい人にはとっても良い商品です。この一本に投資するだけで、リバランス、リスクアロケーションもすべてやってくれるからです!

個人的には、上記3本の中だったら、一番最初の「世界経済」を選びます。なぜなら国内投資額が一番少なく、今後の成長が見込める新興国比率が高いから!長期投資であれば、時間が味方に付いてくれるので、多少のリスクは気になりません。

ぜひ、皆様にぴったりな一本を見つけてみてくださいね♪

以上、「初心者におすすめな投資信託は?バランス型1本で世界中に投資が可能に!」の記事でした!ご精読ありがとうございました♪

(Written by にーちぇ)

スポンサーリンク
rectangle1

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

あわせて読みたい!



スポンサーリンク
rectangle1