500円玉貯金はやっぱり凄かった。続けるコツは?

投資したいと思っても、手元にキャッシュ=現金が無ければ何も始めることができません。何をするにも「貯金」がまず必要です!世の中にはいろんな貯金方法がありますが、筆者一押しの500円玉貯金の続けるコツをシェアしていきたいと思います。

スポンサーリンク
rectangle1

500円玉貯金のやりかた

まずはやり方を見ていきます。

まずは貯金箱を購入!

500円玉を貯めていく貯金箱を買いましょう。自分が好きなデザインであればあるだけ、女子はテンションが上がって継続できると思います。

こんなサイトを見つけました↓ 

こんにちは。 今回はおしゃれなデザインのおすすめ貯金箱21選【インテリア】です。 貯金はしていますか? なかなか貯まりませんよね。 そこで、今回は楽しく貯金ができるようなおしゃれな貯金箱を集めてみました。 おしゃれなデザインのおすすめ貯金箱【インテリア】 KIKKERLAND Ceramic Skull

ちなみににーちぇは、100円均一のダイソーで購入したこれを使用しています(笑)

ダイソーのディズニーグッツで探すと可愛いのいろいろあるのでおススメです♪この貯金箱は500円玉でトータル10万円貯まると裏に書いてありました。

500円玉を入手したら入れていくだけ!

500円玉が財布にあったらまずはそれを入れましょう。500円玉があったらそれを貯金する、それだけでいいんです。

私はめんどくさがりなので、複雑なルールを作ってしまうとすぐに飽きてやらなくなってしまいます。しかしこの500円玉貯金は本当に簡単。500円玉を見つけたら貯金箱に入れるだけなので、飽きずに続けることができています。

500円玉貯金で貯めるコツ

この500円玉貯金、非常に簡単ですが500円玉がないと当たり前ですが増えることはありません。つまり日々の生活内で500円玉を入手することが求められるのです。

お釣りで500円玉をもらおう

私は500円玉を入手するために、例えば200円のジュースを買うとき1000円札を出すようにしています。

また、例えば700円のお買い物をするときは1200円だして500円玉をもらうとか♪

500円玉を作るための無駄な出費はもちろんダメですが、普段の小さな買い物の際に500円玉でお釣りをもらえるように調整するだけでかなりの額が貯まります。

500円玉を使う誘惑から勝とう

500円玉って非常に使いやすい硬貨ですよね。意識しないと自動販売機とかでも簡単に使ってしまいそうです。

私は使う誘惑すら無い境地に達してしまってますが、その方が葛藤もなく無理なく貯めることができます。誘惑に勝つには500円玉をお金だと思わないことです。おもちゃだと思ってしまえば、それを使って買い物をしようとはしませんよね?

500円玉を入手したら、財布の中の普段あまり見ないスペースに入れておくという方法も非常に有効だと思います。

たまには重さをはかってモチベーションUP

中身が見えないタイプの貯金箱や、割らないと取り出せない形式の貯金箱を使用している方は、今いくら貯まったのが気になりますよね。そこで、貯金箱からお金を出さずに金額を知る方法があります。

500円玉一枚当たりの重さは約7グラムだそうです。なので貯金箱の重さをはかって7で割れば大体の金額がわかります。(もちろん貯金箱自体の重さは加味してくださいね)

私は中身が気になっちゃう性格なので、2か月に一回は重さを図ってニヤニヤしてます(・∀・)お金が貯まっていればモチベーションも高まると思うので、図ったこと無い方はやってみてください!

500円玉貯金はここが嬉しい

みなさんは家計簿をつけるとき、マネーフォワードといったアプリを使ってる方、多いんじゃないでしょうか。

私もマネーフォワードのヘビーユーザーで、口座やカードはすべて連携して毎月の収支を把握しています。

しかしながら、よほどマメな人でなければ500円玉貯金を家計簿で管理している人はいないでしょう。つまり、そういった自動化された家計簿アプリだと、出金だけが管理されているので、500円玉が貯金されていることまで、手入力しない限り認識されないのです。

つまり「へそくり」みたいなもんですね。タンス預金とも言います笑

なんとなく、ボーナスが入ったみたいで非常に嬉しくなります(*’▽’)

みなさん、ぜひ500円玉貯金で手軽に貯金生活しましょう!(^^)!

以上、「500円玉貯金はやっぱり凄かった。続けるコツは?」の記事でした!

ご精読ありがとうございました♪

(written by にーちぇ)

スポンサーリンク
rectangle1

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

あわせて読みたい!



スポンサーリンク
rectangle1