普通のOLが一年で100万円貯金する方法

みなさんは月々どのぐらい貯金できていますか? 普通のOLが経った一年で100万を貯めるにはどのようにしたらいいのでしょうか?まとめてみました!

スポンサーリンク
rectangle1

一年で100万円貯めるには月々8.3万必要

単純に100万を12で割るとこのような結果になります。なかなか大変な数字だと思います。

たとえば、都内在住の平均的20代OLの手取り収入を20万として考えてみます。

こちらのサイトを参考にしました。

20代の1か月の費目別の支出金額や支出割合のデータや特徴を、1人暮らし世帯(男女別)と2人以上の世帯に分けて紹介しています。

手取り収入:20万円

支出:15万

 家賃:6万

 水道光熱費:1万

 スマホ台:1万

 食費:3万

 洋服、美容費:2万

 交際費:2万

差額:5万円→貯金額


都内なので家賃、食費を高めにしています。そもそも都内で家賃6万が平均なのかも謎ですが・・・

月々5万円であれば、なかなか優秀な家計簿な気もしますが、8万までは3万程度足りません。

月々8万円貯めるには先取り貯金しかない。

8万円を先取りしてしまえば、おのずと余ったお金の範囲内で生活することになります。もちろん、家賃も引かれますし引越しなんて、そうそうできないので、自動的に引かれる項目だと考えると、残りは6万しかありません!!

これはなかなかきつい気がしますね。考えられるのは以下の項目の大幅削減です。

食費

外食を極力減らして、ランチ持参、基本的には自炊を実施する。私もお金を必死に貯めていた時は、ランチを持参して毎日自炊していました。

そのときの食費は1.5万円ぐらいだったと思います。仕事の繁忙期はそうもいかないときも多いので、土日にまとめてつくったり、スーパーのお惣菜を活用していました。

被服費

わたしはそこまでお洋服にこだわりがないのですが、アウトレットやセールを上手に活用して節約していました。

こちらの記事で紹介しているので試してみてください。

我慢せずに洋服代を節約するポイントまとめ
女子で一番お金がかかりがちなのが、被服費、そうお洋服代です。この部分だけは我慢してしまうと、生活の充実感がなくなってしまい、モチベーションが下がってしまうことに繋がることが多いような気がしています。そこで我慢せずに、被服費を節約する方法をまとめてみました!

スマホ、通信費

こういった経費は自動更新されて見落としがちです。近年は、格安スマホや通信サービスも様々な会社からでています。

比較検討して少しでも安い契約に乗り換えるのもありですね。

スポンサーリンク
 

ボーナスをあてにしてみる

さすがに節約をがんばっても8万円には届かないかもしれません。最後の手段ではありますが、私はボーナス2回のうち1回は全額貯金することで、年間100万円をそこまで苦も無く達成しました。

たとえば、1か月分のボーナスが出ればそれだけで月々の貯金額は2万円程度軽減されます。ボーナスは散財してしまうのではなく、一回は全額貯金することで、100万円にかなり近づくと思います。

もちろん2回分を貯蓄にまわせば、それだけ日々の生活に余裕がでますね!そんなにカツカツな生活を送らなくて済みます。

100万円貯めると得られること

セミリタイア生活

100万円を貯めることができれば、様々な投資の間口が広がると思うんです。100万円あれば、定期預金に入れることもできる。株式投資もできるようになる。

どんどん将来に対してお金を増やしていく「種」となるのが、この100万円ではないでしょうか。

私は初めて100万円を貯めたとき、ネット銀行の定期預金に預けました。自分が働かなくても、100万円自体がお金を稼いでくれたことに、感動したのを覚えてます。

ぜひ、まずは100万円から貯金してみませんか?

以上、「普通のOLが一年で100万円貯金する方法」の記事でした!ご精読ありがとうございました♪

(written by にーちぇ)

スポンサーリンク
rectangle1

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

あわせて読みたい!



スポンサーリンク
rectangle1