たった3ステップで!お宝物件に出会う方法

投資用不動産を探す際に、ただやみくもにネットで探していませんか?

良い物件はネットには出回らないとよく言いますが、情報を流してくれる不動産会社と信頼関係を構築する上の最初のアプローチは「ネット」からです。

いわゆる、「川上物件」をゲットするためにしなければならないステップをまとめました!

スポンサーリンク
rectangle1

まずはネットで「毎日」検索

いくら「川上物件」がネットに載ってないとしても、不動産業界における「つて」を作るにはまずはネットを利用するのが簡単です。

ネットで物件を検索するメリットとしては、一度にたくさんの物件を目にすることで相場感がわかるようになってきます。

なんとなく流してみていくだけで、自分の条件にあった物件を見つけたとき、ピンとくるようになってきます。

このとき、自分の軸をもって検索すると時間の短縮にもなります。追々記事にしようとおもってますので、お楽しみに!

さらに、物件情報は本当に「毎日」動いています。所要時間は慣れれば10分程度です!できるだけ毎日チェックするように心がけてください。

主要サイトに登録

投資用不動産を探す際は、下記のサイトに登録しておけば、まず問題ないと思います。レア物件をネットで探すのではなく、レアな物件情報を持つ不動産会社と接点をもつのが目的なので、下記3サイトを中心に見ていけばOKです。

at home

投資用不動産を探すならまずここです。「at home 投資」という別サイトにいくことで、一棟ものの不動産も検索可能です。

県ごとに検索をやり直さないといけないので、若干ユーザビリティに欠けますが、載ってる物件情報は新鮮だと思います。検索は他のサイトに比べて面倒ですが、そこはめんどくさがらずに検索してみてください。

不動産投資・投資物件のことなら「アットホーム 投資」!投資マンションや中古アパートなどの収益物件検索や、投資に役立つコンテンツが満載。マンション経営・アパート経営を始める方をサポートします!

楽待

いわずと知れた検索サイトです。検索は非常にしやすく、またサラリーマン大家や女性大家が連載するコラムも人気の理由です。リフォームの情報も載っていて、賃貸経営中にもお世話になりそうなサービスですね。

不動産投資のことなら、収益物件数No.1 国内最大の不動産投資サイト・収益物件のマッチングサイト「不動産投資の楽待」がサポートします。らくまちは不動産投資家のための収益物件の情報提供サイトです。不動産や物件に関するコラムも多数掲載中!

建美家

最後に建美家さんです。こちらも検索しやすく、また物件情報も豊富です。

月間50万人の投資家がアクセスする国内最大級の不動産投資と収益物件の情報サイト健美家(けんびや)です。全国の投資用物件や収益物件の検索をはじめ、著名な不動産投資家による人気コラムやブログ、不動産投資を学べるセミナーや最新ニュースを掲載中。

その他

その他にも、下記サイトは登録してもよいかもしれません。わたしはたまに気づいたときに見るようにしています。

ホームズ不動産投資

不動産投資連合隊 

不動産投資・収益物件なら、主婦・サラリーマンが200万から投資できる不動産投資★連合隊で。

新着情報をメールで受信すればいち早く情報入手できる

こういったネット上のサービスの利点として、ネットにアップされた新着情報をメールで受け取れることです。

たとえば、楽待だと「メール便」、建美家も同じようなサービスが提供されています。

物件探しはスピード勝負ですから、こういったサービスはとことん利用しましょう。

メール便でらくらく検索

気になる物件に問い合わせ

ネット上で目線に合った物件が見つかったら必ず問い合わせます。本当に良い物件だったら電話でもよいと思いますが、私は普段家に帰ってから不動産を探しますので、必然的にメールでの問い合わせとなってます。

不動産会社から連絡が来たら必ず返信する

上記の通り問い合わせると、何らかのリプライが情報をアップしていた不動産会社から連絡が来ると思います。

リプライ内容にもいろいろあると思いますが、大半は下記になります。

・まだ物件に買付も付いていおらず、積極的に販売したい状況

・すでに買付が付いており、自分は2番手、3番手である場合

もしかしたら、すでに買付がついている場合のほうが多いかもしれません。

こういった場合、頂いたメールを放置されている方、多いのではないでしょうか。沢山問い合わせをしたら、それだけ不動産会社からのメールがじゃんじゃんきます。全ての回答に対し、一個づつ返信していくのは大変です。

しかし、ここでなんらかの返信をすることで、不動産会社に「この人は冷やかしではなく、本当に買いたい人なんだな」と思ってもらえます。

不動産業者もビジネスをしています。本当に買ってくれる人にしか、わざわざ非公開物件は教えてくれません

ただ、やはり個別にメールを作成するのは大変です。そこで私は、一定のフォーマットを作文しておき、それを返信することで時間を節約しています。

効果的なメール返信案

メールの返信ですが、ただ物件情報を送ってくれたことにお礼をしても、何も生まれません。

返信メールでは、「私は不動産投資がしたい」「こういう物件をさがしている」「こういう人間だから安心して情報をくれ」といういうことをアピールすることで、関係性がぐっと近づきます。

●●さま

お世話になっております。本日は●●物件をご紹介頂きありがとうございました。

前向きに検討させて頂ければと思います。

また、下記の条件の物件を探しております。御社で情報を入手しましたら、ぜひご一報頂ければ幸いです。

<物件>

・RC/SRC

・価格●●円~●●円

・平成築

・表面利回り●%以上

<属性>

・都内在住

・●●会社勤務

・年収●●円

・資産●●円

何卒、よろしくお願いいたします。

このぐらいの情報量はのせて返信しています。物件情報だけでは、「本気度」は伝わりません。属性情報も記載することで、自分は信用に値するんだとアピールすべきです。

対面で会うことで信用度をあげる

最後に、メールだけのやり取りだけでは本当の信頼は生まれません。私はある程度のボリュームの不動産情報を頂いた担当者様とは必ず時間を見つけてお会いすることにしています。もちろん先方から会いたいと言ってきてくださる場合もあり、そういった場合断りません。

不動産業者の立場に立ってみれば、メールだけの人物よりも、一度でも会ったことのある人物の方が取引したいと考えるのが普通でしょう。

業者から会いたいと言われたら、営業されるかも・・と心配される方も多いですが、良い物件を紹介してもらうためにアピールしよう!という意気込みで会ってみてください。

わたしも何人かの人と会ってきましたが、ネットには絶対載せたくないというご意向のオーナーの方を紹介頂いたこともあります。価格目線が折り合わず、契約には至りませんでしたが、対面で会ってたからこそ、ご紹介頂いたと思っています。

みなさまもぜひお試しください♪

以上、「たった3ステップで!お宝物件に出会う方法」の記事でした!ご精読、ありがとうございました!

(written by にーちぇ)

スポンサーリンク
rectangle1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
rectangle1