日々のコーヒー代を節約する方法。スタバはもう要らない。

スタバを片手に出勤・・・仕事ができる人風で少し憧れますよね。しかし、コーヒーを外でいつまでも購入しているようでは、お金はたまりません!

スポンサーリンク
rectangle1

コーヒーをスタバで買い続けると・・・

スタバはおしゃれで、スタバのカップを持っているだけで、できる人になった気分に・・

わたしも会社に入社したての頃は、自分の給与が入ったのも嬉しくて、ついついスタバでコーヒーを買っていました

スタバで一番安いメニューは「ドリップコーヒー」のショート。でもショート頼む人はほとんどいなくて、大体皆さんトールを頼まれると思います。

ドリップコーヒーのトールは一杯320円です。タンブラー持参で20円引きだとしても300円。

スタバ狂だったころ、平日はほぼ毎日飲んでいたので、年間でなんと73500円もスタバにかけていることに。

ちなみに私は、スターバックスラテが好きなので、一杯370円で年間90650円もかかっていたことに! 恐るべしスタバ・・・

ちなみに、スタバでなくてもコーヒー代は馬鹿になりません。コンビニでも一杯150円程度はします。スタバの丁度半額程度でしょうか。

美味しいコーヒーを安く飲む方法

コーヒー飲料を買ってみた

スタバをやめてからは、市販のドリップコーヒーを買ったり、ペットボトルのアイスコーヒーを買ったり、いろんな試行錯誤しました。

でも、気づいたんです。私は、ドリップではなく、エスプレッソが飲みたいんだと!笑

そこで、こんな商品を発見しました。いわゆるエスプレッソをペットボトルに入れた商品。

サントリー ボス ラテベース 無糖 希釈用 490ml×24本

新品価格
¥4,832から
(2017/5/15 21:29時点)

一時期は、箱買いして非常にお世話になりました。この商品、一本で10杯分のカフェラテが作れるので、24本セットで240杯。牛乳代を除けば、一年の平日日数はもつ計算に。

実際、一年ももつわけもなく濃いめが好きだったので、かなりのスピードで飲み進めてしまったのですが、それでもスタバで買うのと比較するとだいぶ経済的です。

でも、やっぱりお店で飲む、その場で抽出されたエスプレッソとは味が全然違います。こちらの商品も優秀は優秀なのですが、缶コーヒーレベル。ずっと飲んでると飽きてくるんです。

エスプレッソマシーンを導入してみた→正解でした

ラテミックスに飽きてきたころ、いろいろコーヒーについて調べたところ、家庭用のエスプレッソマシーンがあるということを知ります笑

それも、豆をごりごりしたり、火にかけたりするものではなく、豆を挽くところから全部自動でやってくれる「全自動」タイプです!

ズボラなわたしにぴったりだと思い、さっそく調べると、デロンギ社のが家庭用としても有名だそうで。ヤマダ電機のポイントやら、値切り交渉やらいろいろして、購入に至りました。

デロンギ 全自動エスプレッソマシン マグニフィカ ESAM03110S

新品価格
¥24,636から
(2017/5/15 21:43時点)

購入したのはこの子。いろいろ溜まっていたポイントも使用したので、購入した当時4万円ぐらいでした。今はもっと安くなっていますね!

こういったエスプレッソマシーンでコーヒーを淹れる場合、本体価格だけでなくコーヒー豆代もかかってきます。わたしは特にこだわりもないので、肉のハナマサやドンキ笑で業務用のを格安で購入しています。

だいたい400グラムで700円しないです! カップ一杯10グラムといわれていますので、400グラムだと単純計算で40杯分です!

一杯18円ぐらいですね! もちろん初期投資は多くかかりますが、長くたくさん使えば使うほど、お得になっていきます!

例えば、スタバとデロンギで5年間平日飲み続けたと仮定します。

スタバだと年間73500円だったので5年で36万7500円。

デロンギだと初期投資に4万円、5年間の平日分を補うコーヒー豆代で2万2000円でトータル6万1400円程度。

30万円も差が出ましたね! もちろん、デロンギも壊れる可能性もありますし、それはわかりませんが、仮に一年で壊れたとしても、一年使い倒すことができれば、その差は3万円にもなります!

しかも、しかも、味も淹れたてとあって美味しいし、自分で豆の量もカスタマイズ可能なんです!

コーヒーが手放せない人にはぜひ、試してほしい節約方法です!

コーヒーだけでなく、おしゃれ費についついお金をかけてしまう人、いませんか
?そんな方は下記の記事も参考にされてみてください。

我慢せずに洋服代を節約するポイントまとめ
女子で一番お金がかかりがちなのが、被服費、そうお洋服代です。この部分だけは我慢してしまうと、生活の充実感がなくなってしまい、モチベーションが下がってしまうことに繋がることが多いような気がしています。そこで我慢せずに、被服費を節約する方法をまとめてみました!

以上、「日々のコーヒー代を節約する方法。スタバはもう要らない。」の記事でした!ご精読ありがとうございました♪

(Written byにーちぇ)

スポンサーリンク
rectangle1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
rectangle1